近づかれて不快な原因No.1は臭い!

 

 

いくら綺麗にお洒落をしていたりメイクをしていても、口臭や加齢臭などの臭いを発していたら幻滅をされますし、近づいてほしくないとさえ思われてしまいます。

 

もし最近知人や友人に距離を置かれていると感じているのであれば、自分の臭いで不快にさせていないかを一度真剣に考えてみてもいいのではないでしょうか。

 

口臭はある程度防ぐことも出来ます。例えば臭いがきつい食べ物は出来るだけ控えるようにしたり、胃が空っぽだと胃酸が出やすいので軽く食べておいたり、もし臭いがきついものを食べた場合は牛乳を飲んだり市販の匂いを抑えるグッズを利用するなどして、他人に嫌な思いをさせないように工夫することが大事です。

 

また自分では全く気付いていないけれど周りの方に嫌な思いをさせていることもあるかも知れません。例えば家族などに自分が臭くないかを聞いてみると案外正直に話してくれるかも知れません。

 

他人の匂いは嫌であることは間違いないですが、傷つけてはいけないとか失礼に当たると思ってなかなか指摘が出来ません。

 

しかしこちらから尋ねてみたら実はずっと臭っていたということをカミングアウトしてもらえるかも知れません。その場合はしっかりとケアをすることがエチケットになります。

 

 

社会で生きる上で大切なのがエチケットですが、特にしっかりと対策を行っておきたいのが口臭です。
効果的な対策をする為には原因を知る必要がありますが、臭いが発生する原因はいくつかあります。
まず挙げられるのが歯周病です。
歯周病というのは多くの方に関連がある歯茎の病気ですが、状態によっては非常に強い臭いを発生させます。
しかも、臭いというのは広範囲に広がってしまいますので、密室の場合ですと臭いが充満してしまう事もあります。
因みに歯周病はしっかりと対策をしないと、時には抜歯になってしまう事もある恐ろしい病気ですので、歯を維持する為にも対策が必要不可欠です。
他にも舌に付着した食べかすなども臭いの発生原因になります。
舌には舌苔と呼ばれる汚れが付着しますが、その汚れが時には強い臭いの原因になってしまう事があります。
また、舌苔が付着する事によって見た目も良くありませんので、見た目を良くする為にも対策が大切です。
その際には専用のブラシを使用して汚れを落とす事が大切と言えます。
歯ブラシでゴシゴシと擦ってしまうと舌を傷付けてしまう恐れがありますし、時には味覚異常を引き起こす事にもなり兼ねませんので注意する必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check