食べ物が原因の場合について

2014.2.21|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

 

 

数ある食べ物の中でもユリ科の野菜は特に香りが強いという特性があります。ニンニクの場合は、生ほど強烈な香りを発するのが特徴的です。

 

生ニンニクを摩り下ろしたものは香りだけでなく、辛さも強烈で口に含むと舌を刺激します。

 

これほど強烈な味であるため、生のニンニクを大量に食べれば胃腸に負担をかけ、食後に胃が痛くなることがよくあります。

 

しかし、刻んで油でよく炒めたものなら、嫌な臭いが変化して香ばしいものになります。

 

ニンニクを丸ごと油でよく炒めてからスープを注げば、とてもいいダシが出て、強烈な味だったものがまろやかな味に変化します。

 

ネギの場合も生のものは香りが強烈ですが、火を通せば辛味は全くなくなり、甘みがよく出ます。なるべく太いネギを使って、鍋料理などでよく煮込んでしまえば、臭いがかなり抑えられます。

 
薬味で使うときは、油で揚げたものを使うようにすれば、生のものよりは香りが抑えられます。ニラは黄色いものなら香りが穏やかです。ユリ科の野菜に共通するのは、よく煮込めば辛さがなくなることです。同時に臭いも抑えられますから、工夫をして料理をすれば、賢く栄養分を取ることができます。火を通せば消化もしやすくなるため、胃腸にも優しい料理になります。