口臭を消す簡単な方法

2014.2.21|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

 

 

口臭には、いくつかの原因があります。1つは、胃が原因で引き起こされるものと、2つ目は、口の中が原因で起こるものです。

 
胃からくる臭いには、胃が荒れていることが考えられます。暴飲暴食を繰り返していたり、胃酸が通常より多く分泌される胃は、疲れ切ってしまい、粘膜が荒れてしまいます。

 

この状態の胃には、牛乳を飲むことをお薦めします。牛乳を飲むことで、胃の内部に膜を張ってくれますので、胃がそれ以上荒れることを防いでくれるでしょう。

 

 

また、空腹状態の場合でも臭いがしてきます。これは、ほとんどの方が経験をしたことがあるのではないでしょうか。

 

この場合は、何か胃にものを入れてあげることがいいのですが、場所や時間を気にせずに、一番簡単に取り入れることができるものは、チョコレートです。栄養価が高く、少量で満腹感を感じることができますので、仕事の合間などで、他の方に気付かれずに簡単につまむことができるでしょう。

 
口の中が原因の臭いは、舌苔が考えられます。悩んでいる方の中には、コーヒーや紅茶を少し飲んだだけでも、臭いがする方もいらっしゃるでしょう。
舌苔は、歯磨き粉で少し磨いて落としてあげるだけで、簡単に臭いが取れるでしょう。この時、力を入れてブラッシングをしてしまうと、舌の起毛が荒れて傷付いてしまい、余計に舌苔が付きやすくなってしまいますので、優しくブラッシングをしてあげることが大切です。