銀のスプーンを舐める

2014.2.21|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

 

 

気になる口のニオイ。これは、溜まった歯垢や歯周病、胃腸の病気、タバコ、にんにくなど、あるゆるものが原因となります。

 
中には、毎日しっかり歯を磨いているのに臭ってしまう、という方もいます。

 
これが気になると、人と話しにくくなってしまいますし、相手に不快感を与えてしまう事になります。そのため、なるべく改善したいものです。

 
口のニオイに様々な原因があるように、これを改善するために、様々な方法があります。

 
その中の一つの方法が「銀のスプーン」を舐めるといった方法です。
口のニオイの原因物質としてあるのが、「揮発性硫黄化合物」というものです。「硫黄」といったら、温泉が有名ですが、独特なニオイを発することでも有名です。
この硫黄が口の中にあるので、ニオイを発することになるのです。
シルバーには、空気中の硫黄と反応すると黒くなってしまうように、揮発性硫黄化合物と反応すると、違う物質に変化させる効果があります。

 
反応して違う物質に変化すれば、そのニオイも気にならなくなります。
もし、口のニオイが気になる時は、食事の際にスプーンを使用する料理を頼んで、他の人に見られないうちに、スプーンを舐めてみるのがいいかもしれません。